触ってわかるレベルの腰椎分離すべり症を3日間のストレッチで自分で治した

医者からも「これ以上悪くなったら手術しかないやろね・・・」と言われ、長年悩まされてきた腰椎分離すべり症を、簡単な器具を使ったストレッチを続けて自力で治すことができた40代男性です。

 

整形外科でもなかなかすぐに良くならない腰椎分離すべり症でしたが、ある本のとおり自宅でストレッチを続けたところ、3日間で腰椎のずれが矯正され、腰痛も治まりました。
もう感激です!!
 ↓↓↓

分離症・すべり症は自分で治せる!

 

紙の本と電子書籍版があります。
電子書籍版がおすすめです。購入と同時に読むことができますよ!

 

自分で触って分かるくらいにまで背骨がずれている腰椎分離すべり症の方は結構いると思います。
そんな方にも、私と同じ感激をぜひ味わってほしいと思っています。

 

そこで、自分で腰椎分離すべり症を改善することができたのか、ここに体験談として書くことにします。
次のような方の参考になれば幸いです。

  • 腰を自分で触ってわかるくらいずれた腰椎を改善したい
  • リハビリに長期間通院するのは大変なのでイヤだ
  • 今すぐつらい腰痛から解放されたい

腰椎分離すべり症を自分でストレッチで治した体験談

もともと腰椎分離すべり症になったのは、子どもの頃から習っていた剣道のせいだと思います。

 

聞いた話によると、成長期にスポーツをしていた人は、割と高い頻度で腰椎分離すべり症になるようですね。全体の10%くらいだそうです。
ただ、痛みの程度は人によりけりで、全く痛みのない人もあるそうですが・・・

 

私の場合、高校生の時に初めて腰痛が出て、2ヶ月くらい体育と部活を見学しました。
その間、電気治療と牽引のために頻繁に(週3回~毎日?忘れました)通院していました。

 

その後も、時々腰痛が出ることがありました。
ですが、数年に1度のレベルで、数日すると治まってしまう程度でした。

 

それが一変したのがアラフォーのある日のことです。

 

急に腰痛が強めに再発してしまいました。
幸いにも激痛ではないのですが、鈍い痛みがずっと続きます。
痛みでどうしてもまっすぐ立つことができなくなり、おじいさんのように腰を曲げて前屈みで立つしかありません。

 

ふと腰に手を当てると、背骨のある一点がポコッと出っ張っているではありませんか!

 

「これ、外から触って分かるくらい背骨がずれてないか?・・・」

 

と、腰椎がずれている様子を想像するだけで一瞬クラっとめまいがした感じでした。
不安になって整形外科を受診し、レントゲンを撮ってもらいました。
案の定、第4腰椎と第5腰椎がずれている腰椎分離すべり症と診断を受けました。
下の図のように背骨がずれていました・・・

腰椎分離すべり症,ストレッチ,手術,治す

幸いにも現段階では手術は必要なく、様子を見ていきましょうということでした。
あとは理学療法士の方に腹筋背筋を鍛えることと、ストレッチで柔軟性をしっかりつけて下さいね~という指導を受けました。

 

しばらくは背骨のずれがなくなったり、時々背骨のポッコリが出て腰痛になったり、数日するとまた元に戻る、という状態を繰り返していました。

 

こういう状態が何年も続いたあと、腰が痛くなったら腰周りのストレッチをし、30分程度歩けば結構症状が治まることが分かりました。
そのうち、腰痛のための自己流の体操を考案し、
この対処法に気付いて数年は、ちょっと腰が痛くなればウォーキングをしてしのぐ、ということで安定していました。

 

ちなみに、自己流の体操についてですが、考え方はシンプルです。
下の図を見ると、第4腰椎より上が前(腹側)に、第5腰椎より下が後(背中側)にずれていますね。
なので、上部を背中側に、下部を腹側に動かすようにするという体操です。

腰椎分離すべり症,ストレッチ,手術,治す

 

ですが、やっぱり40代になると、少しずつ筋力や柔軟性が落ちてくるのですかね。

 

今年に入ってある日、急にガツンときました。
かなりずれた感じです。

 

どれだけストレッチしても歩いても、全然良くなりません。

 

あ、これはちょっとヤバイなということで、整形外科(引っ越したので別のところ)を受診しました。
今後の整形外科はレントゲンの他、さらに念入りにMRIまで撮りましたが、結果はやはり変わらず腰椎分離すべり症でした。

 

ただ、今回は「手術も考えないとあかんな~」と言われてしまったのです・・・・

 

え?手術?ちょっと待って!!
今まで自分で治してきて、今回たまたま症状がきつかっただけなのに、いきなり手術!?

 

とはいえ、すぐにというわけではなく、状態が改善しなければ手術の選択肢もある、という感じだったのでほっとしました、

 

ただ、具体的な治療と言えば低周波治療と、あとは炎症を抑える薬だけ。
もっと積極的に背骨のずれを元通りにする施術とかないの?と思いましたがこれだけ。

 

う~ん、ちょっと頼りにならんなー
自分でも色々調べてみないとなあ~

 

ということで、色々調べてみました。

 

ただ、「ずれた第4腰椎より上を背中側に、第5腰椎より下を腹側に圧迫する」というのは基本的には間違っていないと思います。
なので、そういう観点から腰椎分離すべり症を改善する体操を調べました。

 

まず見つけたのは次のYoutube動画です。
仰向けに寝て、タオル丸めたものを第5腰椎より下に背骨のところに敷きます。
こうすることで、ここが腹側に押されるということですね。

 

 

これを見つけたとき、「なるほど~」と感心しました。
これなら確かに自然に下の背骨が腹側に押されそうですね。
上の背骨を背中側に押すのは難しいですが、重力で優しく押さえるといった感じですかね。

 

しかし、実際やってみましたが、あまり自分には効果が感じられませんでした。
加圧するのがタオルごときでは、ちょっと柔らかすぎるのかもしれません。
もうちょっとしっかりしたもので、ピンポイントで圧迫するほうが良いかもしれません。

 

次に見つけたのがこの本。
簡単に言うと、テニスボールを使って必要な部位を圧迫するというストレッチです。
数種類のストレッチがあり、症状に合わせて使い分けます。

 

症状によってするべきストレッチ、してはいけないストレッチ(ヘルニアを併発している人は要注意!)があります。
その判断方法もちゃんと本には記載されています。
(ちなみに、自分はヘルニアではありません)

 

結果をいうと、この本で紹介させている方法は自分にはメチャクチャ効きました!!
本で紹介させているとおりの方法で、念入りにストレッチすると、3日間で触っても分からないレベルにまで腰椎のずれが矯正されました!!

もちろん腰痛もなくなり、上半身をまっすぐ立つことができました。
それどころか、身体を後ろにそらすことも可能に!!

 

この本の方法で腰椎分離すべり症を治してからは、週一のペースで同じストレッチをして、再発防止をしています。
4ヶ月たちますが、今のところ再発せずいい感じですね~

 

ということで、腰椎分離すべり症で悩んでいる方、自分で治したい方は、この本をオススメします!
もちろん、誰にでも100%効果があるとは断言できませんが、本一冊とテニスボール数個(100均の2個セットの安物で十分です)の出費で、長年の腰痛をサヨナラできるかも知れませんから、全然安いです。

 

整形外科や整骨院の電気治療を毎日時間を割いて受けに行く必要がなくなるかもしれないですからね(めんどくさいですよね~。出費もバカにならないし)。

テニスボールで圧迫する部位はかなりピンポイントです。
自己流でやると、かえって逆効果かもしれません。
正しい位置を知るためにも、かならず本を参考にしましょうね!

それから、この本を買うときは、電子書籍版をおすすめします。
買ったらすぐに読んでストレッチをして、少しでも早く腰痛から解放されたいですよね。
配達に時間がかかる紙の本と違い、電子書籍版ならパソコンやタブレット、スマホですぐに読めますよ!

 


分離症・すべり症は自分で治せる!